スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うがい、手洗い、観賞魚 

空気が乾燥する季節ですね。

今年はパート先のホームセンターでも加湿器がよく売れているようです。
乾燥は、目・肌・のどなどに悪影響を与え、インフルエンザウイルスの活動も
活発にします。
しかし、加湿のし過ぎは、カビ・ダニの大発生の引き金になることも!
湿度は低すぎも高すぎもダメ。一般家庭で40%~60%の湿度が最適だそうです。

家では熱帯魚を飼っていますがこの水槽が加湿器がわりをしてくれております。

観賞魚水槽はエアーポンプ・水中ポンプ等を使用して上部フタを半分ほど開ける(注)
ことにより、設置した室内の湿度を高めることができます。この加湿により室内を適
度な湿度に保つことができ、多くの感染病のウィルスの活性を抑えることができます。

また、観賞魚は視覚的にも癒しの効果をもたらしてくれます。
アクアリウムは機能のみの加湿器とは異なり、疲れた心を癒しながら効果的にインフル
エンザ予防を行うことができる、画期的なセラピーですね。







コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pyoneru.blog121.fc2.com/tb.php/646-7a09c94e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。