スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷怖い 

昨日は、仕事帰りに変な雲がもくもく出てきたと思ったら、
真っ暗になりすごい雷雨で怖かった~!

日傘を持っていたので、雨傘代わりにさしましたが雷の時は
傘さすと危険だったようですね、気をつけましょう。

落雷を避けるための心得!
 ① 雷の音が少しでも聞こえると近くに落雷する可能性あり!!
    すぐに安全な場所に避難しましょう。
   安全な場所・・・車、列車、鉄筋コンクリートの建物、電線の下

  *丈夫な金属に囲まれている場合、落雷電流は金属を通り
   大地へ流れ込みます。車の場合速やかに駐車しハンドル、
   金属部分、電装機器には触れないようにしましょう。

   危険な場所・・・グラウンド、ゴルフ場、海など

 ② 樹木には絶対近づかない!
       木の下への避難は自殺行為です。

 ③ 傘はささない!
       雷は高いものへ落ちます。たった20~30cmの差が
       生死を分けることもあります。

 ④ ゴルフクラブ、釣竿など長いものは素材にかかわらず体から
   離す。

 ⑤ ゴルフ場、海水浴場など逃げ場のない場合は両足の間隔を
   狭くして低くしゃがみ、耳を指でふさぐ。

 ⑥ 建物の中は直撃雷の心配がないので安全ですが、電気器
具、壁から1メートル以上離れましょう。

誤った知識    
金属を身につけていると落ちやすい。
    被雷する確率は同じ。被雷した場合金属周辺の皮膚に軽い
    やけどを負うが電流の多くが金属に流れる分人体に流れる
    電流が減り生存確率が上がることもある。
ゴム長靴、レインコートを着ていると落ちない。
    雷の電流を絶縁することはできません。

コメント

ぴょんえるさん
はじめまして!遊びにきました!
役立つ情報が満載ですね。
私は初心者のおやじですが、お盆に家族で遊ぶ為、
おこづかい稼ぎ頑張っています。
相互リンクしていただけると嬉しいです。
ポチッとしておきました。
こちらにも遊びにいらしてください!

ぴょんえるさん
はじめまして
たっけんです
あし@からきました
落雷のとき木の下はあぶないんですね
気をつけます
僕もアフィリエイトの勉強中です
よかったら僕のブログにも遊びにきて下さい
応援♪

雷は本当に怖いです。
仕事でも雷は大敵で、停電になれば呼び出されますし。
応援ポチ♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pyoneru.blog121.fc2.com/tb.php/60-036d3079

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。